京都市の腰痛・坐骨神経痛・股関節痛 専門整体院 平安コンディショニング 

コリライン

画像の説明

体はつながっている!


痛み・コリは体全体の問題で起きているのです。

全身がつながり連動して、痛み・コリを生み出しているのです。

痛み・こりのある部分だけを問題にしても根本的には解決しません。




痛みのラインはつながっている!

画像の説明


頭から足先まで指先まで

体はつながって連動しています。

だれもが当たり前と感じるでしょう。

同様に痛み・こりも連動している

「痛みのライン」が起こしているのです。

肩こりは肩だけの問題ではありません。

頭痛は頭だけの問題ではありません。






痛み・こりは連動する痛みのラインが起こしているのです。




何が体を繋げているのか?


全身を繋げているもの、それはコラーゲンです。体の組織の15%を占めます。

体を支えたり弾力性を保つなど体を保護する役割をしています。

筋肉・血管・神経・骨・皮膚はコラーゲン組織を基盤として成立しています。


画像の説明



コラーゲン組織は全身に情報を伝達する!


近年の研究で、コラーゲンは情報伝達の働きを担っている事が

判明しています。この事からコラーゲン組織は、体の疲労や緊張を

全身に伝達する機能を持っていると考えられます。

体の組織はコラーゲンで繋がっている!


コラーゲン組織は、筋肉・神経・血管・骨の基盤を形成しています。

全身の筋肉・内蔵・脳の中までを繋げて情報の伝達を可能にしています。

体の全ての組織は、コラーゲンで繋がり情報を共有しているのです。


画像の説明

コラーゲンによって体は疲労・緊張を共有している。


痛みのラインの誕生


例として、胃に内蔵疲労が蓄積して行きますと胃の緊張度が高まります。

その緊張をコラーゲン組織が伝達する様になり

体の中に、痛みのラインが誕生します。


画像の説明





痛みのラインは様々な症状を生む!


ライン上には様々な痛みが起こります!


痛みのラインは強い緊張を蓄えたコラーゲン組織のラインです。

ライン上の周辺は、強弱の炎症が常に起きている状態です。

その為、ライン上のあちこちに痛み・コリが生じます。


画像の説明

痛い部分が悪いのではない!


痛い部分には、実際に炎症が起きて痛みが出ています。

しかし、痛い部分には原因がなく痛みのラインが原因の場合が大半です。

頭痛の様に脳をいくら調べても原因が見つからないのはその為です。


痛みのラインは解消できる!


痛みのラインは、内臓疲労と心の疲労の蓄積で起きています。

当院の療法は、この2つの疲労を取り除く手法です。

平均5回で、痛みのラインは大いに改善します。



痛みのラインが本当にあるのか?そのラインが実際消えるのか?   まずは受診してお試し下さい。実感して頂けると思います。




画像の説明








powered by QHM 6.0.3 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional